「通行人をお客に変える」唯一の集客装置 シリーズ

[Vol. 1] 看板は通行人をお客に変える集客装置

看板の本来の力を知っていますか?看板は「集客装置」である。 看板の本来の力を適切に最大化できれば、看板は「通行人をお客に変える」集客装置になる。集客装置になった看板は、「365日24時間休まず働く営業マン」になっていく。店舗オーナーやスタッフが休んでいる時でも、道行く通行人に店舗の魅力...

[Vol. 2] 看板偏差値で集客数140%実現した「まちの写真屋」

お店を「発見」して「魅力」を伝えることで集客数140%を実現した事例 大阪市都島区。 大阪城北詰のはずれに位置するこの土地は、かつては工場が立ち並ぶ、大阪市有数の産業地だった。しかし、地価の高騰やドーナツ化現象により、工場は郊外に移転、その跡地が再開発され、現在では大規模集...

[Vol. 3] 新規来店客数120%を実現した「7秒ルール」!

集客を「3段階確率論」に基づいた看板で実現した焼肉店の実例和牛A4ランク以上の肉をリーズナブルな価格で提供する「炭火焼肉 心」。同店は、さいたま市を縦貫する国道17号線と、旧16号線が交差する近くに立地するロードサイド店である。交通量が多く、飲食店にとっては集客の条件の整った好立地条件にあると...

[Vol. 4] 空中店舗への集客を最大化する、「通行人をお客に変える」看板演出とは?

空中店舗への集客を最大化する、「通行人をお客に変える」看板演出とは?店舗立地は集客を考えたとき非常に重要な要素になる。 集合ビルの空中階に立地する店舗より、路面店(道路上に面した店舗)の方が、通行人からは圧倒的に「発見」されやすい。店舗が発見されやすいということは、自店舗への顧客になる確率が高...

[Vol. 5] 通行人をお客に変える集客装置は通行人の感性を誘導するロジックから

通行人をお客に変える集客装置は通行人の感性を誘導するロジックから通行人をお客に変える集客装置は通行人の感性を誘導するロジックから 看板を集客装置と考えたとき、通行人の感性を動かすためにはロジックが必要である。今回は、通行人をお店のお客に変えるためのロジック「集客看板の3段階確率論」について解説...

[Vol. 6] 3段階確率論:「魅力確率を高める」とは? 看板で店舗の魅力を伝えることが集客数を増加させるポイント

3段階確率論:「魅力確率を高める」とは? 看板で店舗の魅力を伝えることが集客数を増加させるポイント 数あるブランド豚の中でも、薩摩の「黒豚」、沖縄の「アグリー豚」、山形の「平牧三元豚」などは、一度は名前を聞いたことがあるのではないだろうか。いわゆる「有名ブランド豚」である。しかし、味・品質・歴...

[Vol. 7] 店頭まで来た通行人を確実にお客にする!「IN誘導確率」を高める方法

店頭まで来た通行人を確実にお客にする!「IN誘導確率」を高める方法 集客看板理論「3段階確率論」、今回は「IN誘導確率」について解説したい。  通行人が看板を「発見」し、その看板でお店に「魅力」を感じ、店頭までやってくる。多くの飲食店オーナーは、店頭までやってくればそのまま店内に入店する...

[Vol. 8] 集客を「3段階確率論」に基づいた看板で実現したハンバーグ店の実例

集客を「3段階確率論」に基づいた看板で実現したハンバーグ店の実例地下に立地する店舗の集客を考えてみたい。まず大前提としてあるのが、地下店舗は路面店に比べ、通行人から「発見されにくい」ことである。地下店舗への集客を考えるとき、通行人に店舗の存在を知ってもらうことが最重要になってくるわけである。看...